刀剣解説(陸奥大掾三善長道)

未分類

このコーナーは過去に月刊コレクション情報にてご紹介した説明ページを再掲載したものです。
今回ご紹介するのは最上大業物に名を連ね、会津虎徹とも称される江戸前期の名工「三善長道」の脇差です。

脇差 銘:陸奥大掾三善長道
(むつだいじょうみよしながみち)

鎬造り(しのぎつくり)、庵棟(いおりむね)、中切っ先(ちゅうきっさき)。 鍛え(きたえ)、小板目詰んだ(こいためつんだ)地鉄に、板目(いため)を交えて上品に肌立つ地鉄は、地沸(じにえ)厚く付き、細かな地景(ちけい)入り地鉄良好。 刃文、互の目乱れ(ぐのめみだれ)を主体にした焼き刃は、小互の目(こぐのめ)、湾れ(のたれ)を交えて、沸匂い深く(にえにおいふかく)、刃中金筋(はちゅうきんすじ)、砂流し(すながし)かかり、匂い口(においくち)は明るく締まる(あかるくしまる)。 帽子(ぼうし)、焼き深く小丸風(やきふかくこまるふう)で、先僅(さきわずかに)かに掃き掛(はきか)けて長く返る。 茎生ぶ、先僅かに刃上がりの栗尻(くりじり)、鑢切り(やすりきり)。 銅に金着せ(きんきせ)ハバキ。 時代研磨(じだいけんま)。 白鞘入り。

 長道は寛永十年(かんえい10年1633年)会津生まれ、初め『道長』と銘じ、万治二年、二十七歳で『陸奥大掾(むつだいじょう)』を受領し、『長道』と改めています。
長曽祢虎徹の作風に近似する作があるため、地元では『会津虎徹(あいずこてつ)』、『会津正宗(あいずまさむね)』とも呼ばれました。江戸後期、幕府の御試御用を務めた、五代目山田浅右衛門吉睦が、自著『古今鍛冶備考』の中で、長道の刀はその斬れ味から『最上大業物(さいじょうおおわざもの)』に列せられ、『会津にも虎徹あり』と、その名は一気に全国へと広まりました。
 最上大業物、『会津虎徹』こと三善長道の良脇差し、常よりも増して地刃スカッと冴え渡り、一見して凄まじい斬れ味を予感させる、覇気溢れる逸品です。

ご不明な点やご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました